2008年9月14日 (日)

神戸夏デート編3

連続で書くんやでぇと意気盛んなテツです。こんばんは。

今日は前回書かなかったデートの内容についてですぞ!
これは超必見!
・・・・とは書いてみたものの、今回あんまりうろついてないんよねぇ、これが。
雨降ってたし。ハハハイ。

そんな中、2人で行ったのが水族館。実はここ、初デートで来たことあるんですよ。
で、今年付き合って5周年だもんで“初心に帰ろう”ってな感じできてみました。

館内を1周ぐるっと回ってイルカショーへ。

20080826184829

イヤホーイとジャンプを決めるイルカさん。

イルカショーもよかったんですけど、2人が気にしてたのは下にいた3人組。会話の内容から察するに男先輩と女後輩2人いう組み合わせ。
男先輩はイルカショーの体験役に志願してアピール。
頑張れ、男先輩!どっち狙いか分かんないけど頑張れ男先輩!!
きっと後輩ちゃんもメロメロパンチだぜ!

レン「ああいうの引くよねー。子どもに譲れっての」

あー…あかんみたいー

| | コメント (1)

2008年9月 4日 (木)

神戸夏デート編2

パピコを食べるテツです、こんばんは。うまいよね。

レンが「部屋から見えた綺麗な夜景」と書いてますけど

本当に夜景がきれいでよかった!

というのも、今回、俺が宿選びで重視したのが、その夜景だったからなんですな。     もう5年もの付き合いになりますけど、今まで窓から見える景色を気にした事がただの1度もなかったんですね。

ひどい時には窓の外がすぐにコンクリートの壁だったり…

そこで、今回は夜景のきれいな宿、いっちょやってみっか!ってな感じで選んだのであります。

俺が先に宿につき、夜景をチェック。これを見てレンがどんな顔をするか楽しみにしながら到着を待つ。

待つ

待つ

待ってるよ

待ってます

…来やしねぇ

そろそろドラクエにも飽きてきたところでレン登場。かなり疲れてたけど、夜景を見てわぁいと言ってくれたのでまずは満足。

ただ、その顔はゾンビみたいだったけどね。ここだけの話だよ。

…あ、水族館の事書いてねぇや。

テツ

   

| | コメント (0)

2008年8月31日 (日)

神戸夏デート編

そろそろ髪型を変えたい気分のレンです、こんにちは。

お互い忙しい合間をぬって、テツと神戸デートをしてきました。

初っ端からハプニングがありました。

色々と仕事が残っていてそれを片付けながら向かった為
私は既に待ち合わせに遅れておりました。

新幹線に乗るべく東京駅に着くとそこには人・人・人。

「大変強い雨の影響で現在東海道新幹線は運転見合わせと
なっております」

なんと・・・。下手すると今日たどり着かないじゃないか。

さすがにそれはやーばばばいです。怒られます。というか凹まれます。

テツに連絡をする傍ら、窓口でとりあえず来るかどうかも分からない
列車の切符を購入。でもさ、こういうときって案外なんとかなるもんだよね?

30分かそこら待ったら動くんじゃないかなー・・・。

動くんじゃないかなー・・・。

動くんじゃないかなー・・・。

動 か ね ぇ。

結局動いたのは2時間半後。

その間いつ来るとも分からないのでカフェに入ることも出来ずただただ
立ってました。道中読もうと楽しみにしていた文庫本も読み終えてしまい

乗り込んだときには既に疲労困憊。

神戸に着いたのも日付が変わるちょっと前。

タクシーに乗り込みホテルの前で待っていてくれたテツを
ホテルの屈強なガードマンだと見間違えるぐらい疲れてました。

そんな私を待っていたのは

200808252150000

部屋から見えた綺麗な夜景。

窓越しから撮ったので私が写りこんじゃってますね・・・。

毎年冬は神戸で会っているふたり。

クリスマスシーズンに催されるルミナリエを一緒に見ようと言い出した
ところから冬はいつも神戸というのが定着しています。

ただルミナリエはクリスマス時期より前に点灯が終わってしまう為
休みの合わないふたりが神戸に行く頃にはもう終わってるんですけどね・・・。

そんなわけで今年の冬も神戸予定な為、夏も神戸にするか迷いました。

ただ今年は5周年という大きな記念日なので、初心にかえろうということで
夏に初デートをした神戸に帰ってきたのでした。

まぁ、初心にかえろうといっても初デートで訪れた水族館ぐらいしか
いかなかったんですけどね(笑)

また詳細はテツにバトンタッチします。

| | コメント (0)

2006年5月29日 (月)

すったもんだのデート日記4

ゴールを見失ったテツです、こんばんは

伸び伸びになってたデート日記、まだまだ書きますよ!

セールに夢中のレンをぼんやり見ていた俺。
その目に魅力的な文字が飛び込んできました。

『ナイトアクアリウム』

ナイトでアクアリウムですよ、奥さん!!!
何かわかんねぇけど面白そうじゃないですか!
男の浪漫じゃないですか!
とにかく浪漫飛行なんですよ!

とまぁ、興奮した俺はレンをつれてそのアクアリウムへ。


どうやらそこは昼間は普通の水族館。しかし、午後6時を過ぎると館内が真っ暗に。
入り口で手渡されたペンライトで真っ暗な中、夜の海の様子を見るという企画。

これはおもしろい!血がたぎるわ!!

初めての面白体験に小躍りする俺(レン、すまん・・・)
かくして2人はペンライトを手に、薄暗い水族館の中へと入っていったのです。


結果から言うと、かなりいいもんでした。
寝ているのかフラフラ泳いでいる魚や、
逆に元気に泳ぎまわる魚達。
あんなに軽快に動くラッコは初めて見ました。しかも結構大きいのね・・・


一番強烈だったのは、寝ぼけているマンボウ。

横になって同じところをグルグル回っていました。
夜の海であれを見たら確実におもらししてしまいます。いや、マジで。
無表情でグルグル回っているんで、かなり不気味なんですよね。


・・・あ、そうだ。

カニアレルギーのレンがタカアシガニの前で引きつった顔をしていたのもなかなか見物でしたよ。
ここだけの話ですが。


かくして2人はそれぞれの理由で満足し、その日の宿へ帰っていきましたとさ。
・・・・って、このペースでいくと何話かかるんだ!?
次はレン、任せた。

テツ

| | コメント (1)

2006年5月21日 (日)

すったもんだのデート日記3

だいぶやつれた感のある人、レンです。

お久しぶりすぎました。

新入社員なのにものすごい期待のされようで、早く真の私(へっぽこ)を
知って欲しいと願うばかりな今日この頃です。

この間のGWデートからもうすごーく時間が経った気がしてなりません。

何か一年も前に感じるんですけど(笑)

細かな内容も定かではなくなってきましたよ>をいをい

私に遠慮せずテツ君にはここにどんどん覚えていることを書いて行って欲しいです。

そうじゃないと、私が忘れてしまうからね!

最近職場ではそういう状態を


私の頭の中のけしごむ

と実に綺麗な感じに表現しております。

さて、デート日記なのですが、えーとそうそう二日目にプリクラを撮りました。

私達は毎回デートをする度にプリクラを撮ることが恒例になっています。

今回もそのつもりで都内にある大きなゲームセンターに二人で赴いたわけなのですが
GW真っ只中な為、もんのすごい混みように意識が遠のく私。

「こんなに待つなら・・・もういいよ・・・」

と負けそうになった私を

「えぇ!?そんな事言わないで撮ろうよぅ!」

と引っ張り上げてくれた彼に感謝です。

毎度毎度ポーズに工夫の見られない二人なのですが、楽しければ良しとしましょう。 Photo

顔を出すのは恥ずかしいので大いに誤魔化してみる

手前が私で後ろにいるのがテツです。

え?分かるって?

こんな感じで順調にプリクラも撮り終えました。

そうだ、プリクラ前にセールに捕まってしまった私。

レンさんは大の買い物好きなので(特にセールに弱い)
予想外のGWセールに目は輝き、普段大人しくしている
身体達が一斉に動きだし、気が付いたらテツがいなかった。

置いてけぼりにしてました

いやぁ・・・テツ、ごめんね。でもね、あれでもセーブしたほうなんだよね!

普段友達や家族と買い物に行く時は皆で丸一日は飛びまわってるから!

あれくらいでダウンしてちゃ駄目だよ!

買い物に付き合える男の人って理想なんですがやはり難しいかしら。

そんなこんなで、夕方過ぎからテツが行きたそうな顔をしていたので
ナイトアクアリウムと言う夜の水族館に行くことにしました。

その内容は・・・テツに任せます(笑)

レン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

すったもんだのデート日記

「夕方の4時45分頃に東京駅に着くよ~」

と前日テツが言っていたのを思い出しながら私は焦っておりました。

京都でデートから急遽東京でデートになった私達。

四国からテツが時間をかけてこちらに遠征してくる。本当はお昼頃から
会って一日たっぷり有意義に過ごしたかったけど、会えるだけでも十分だ。

テツとのデート初日。私は午前中にあった用事を済ませ一旦家に帰宅し
旅行鞄に荷物を詰めていた。テツが家を出るのは確かお昼過ぎ。彼はまだ
寝ているかもしれない。

何だかんだと仕度をしていたら気付けばお昼もとっくに過ぎてもう結構
良い時間になっていた。二人は東京駅で待ち合わせることになっていたが
私はその前に先に一人で宿に行ってチェックインしておく手はずになっていた。

そろそろ家を出ようかと思っていた矢先にかかってきた一本の電話。

「おじいちゃんが脳梗塞で・・・。即入院に」

親戚のおばちゃんからの電話だった。うちの母方の祖父はもう90を過ぎて
いるものの、毎日2時間大型のハスキー犬を散歩させている健康老人。

ご近所でも犬(長老と呼ばれている)共々有名な人だったりする。

「アイスが食べたい」

なんて一言呟いたものならば、愛用の自転車にまたがり大型ショッピング
センターまで一気に走り、スーパーの袋いっぱいにアイスをモリモリと買って
来る。そんなスタミナと愛情溢れる人なのである。

これまで一度だって大きな病気になったことが無かったのに・・・。

知らせを聞いた私達家族は大慌てで病院へ駆けつけた。

移動中不吉なことばかりが頭に浮かんでは消えて行く。我が家は一昨年
続けて父方の祖父母を亡くしており、どうしてもその事を考え気分が沈む。

病院に辿り着くと部屋から予想していなかった事に笑い声がもれていた。

中に入ると親戚のおじちゃんおばちゃん、そしてベッドに座って快活に
喋るいつもの祖父の姿がそこにあった。

「おじいちゃ~ん!もう大丈夫なの!?」

「あわやや!わざわざ来てくれたのかい!いや~悪いねぇ」

朝、食事をしていた時に茶碗を落とした祖父を見て普段と違うと感じ病院に
おじちゃんが連れていった所、そこで脳梗塞と判明したらしい。

発見が非常に早かったということで、言語障害や痺れなど残ることは無い
らしいが、少しばかり入院することになったそうな。

本当に心から安堵して、暫くの間そこで祖父と語らい部屋を出て大事な
ことに気がついた。




・・・そうだ、テツ!!!

忘れていたわけじゃありませんが、もうテツが来る時間が近づいていた。

ここから東京駅までは・・・えーとえーと。




どう考えても間に合わねぇYO

急いでテツに1時間遅れるとメールをしつつ家に戻る。

家に戻って荷物を引き続き詰めて慌てて外に飛び出してまずは宿に向かう。

宿に着く頃にはその遅れるといった1時間も経過しており、更に遅れるから
とにかく喫茶店などで時間を潰して待っていてとメール。

こんな時に限ってテツは宿への行き方を調べていないのでそこを動けない。

宿にどうにか辿り着きチェックインなど手続きを済ませすぐにまた駅へ。

東京駅に辿り着いた頃にはもうね、くったくたですよ。

テツは相変わらずでした。

相変わらずぷにんぷにんって感じで顔がツヤツヤしてました。

「また丸くなった?」

と言う私の一言にしょんぼりするテツ。

久しぶりの再会なのに早々にしょんぼりさせてしまいましたよ。

会いたかったわ~!なんて言ってぎゅっと抱きつくような甘いムードは
残念ながら持ち合わせていない私達であります。

そんなこんなでようやく会えた二人。

会えた頃にはもう夕方も過ぎていて1日が終わろうとしてましたけどね(笑)

続きはまた後日。

レン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

いつでも君と

携帯の着メロをどれにするかでいつも悩む人、レンです。

最近はテツ同様私もアルバイトで忙しくのんびりしていない状況。

今日も疲れたなぁ・・・と思いながら電車に乗っていたらディズニー
ランドの広告を車内で発見。学生ならば今だと割引になるらしい。

ディズニーランド、これを聞いて真っ先に思い浮かぶのがテツと
行った時の思い出であります。

テツは四国、私は関東な為、二人がデートする場所は基本的に互いの
中間地点である関西なのですが、その頃は私が毎日忙しく遠出している
余裕が無かった。

と言うわけで、テツ君がはるばる東京にやって来たわけです。

初関東!東京初上陸!

彼は何をどう間違ったのか

「東京には鮫がおる・・・恐ろしいところだ」

と来る前に恐れていました。新宿鮫の読みすぎだろ。

私は昔から好きな人と一緒にディズニーランドでデートをしたいなぁと
と言う実に乙女らしい夢を持ち合わせておりましたので、絶対実行に
移そうと固く決意しておりました。

彼は絶叫物と高い所がことごくダメなので

「大丈夫、怖いのには乗らないから」

と幼子を諭すように優しく言いながらディズニーへ。

そしてやってきました!ねずみの国です!

遊園地大好きっ子な私は既に小走り。本当は早朝から並んでダッシュで
乗り物に並びたいところでしたがそこはグっと抑えて、昼頃から向かいました。

その日はディズニーシーの方で盛大にイベントが行われていた為
ランドは空き空き状態。

どの乗り物も10分前後しか待たない好条件!

私はビッグサンダーマウンテンのファストパスを取りに走った後で
テツを引きつれスプラッシュマウンテンへ。

「え?あれ?これ乗っちゃうの?ねぇ、乗るの」

「大丈夫、大丈夫。中にフクロウのおじさんがいて喋るんだよ」

「ねぇ、乗るの?」


つべこべ言わずについてこいや

もちろんその後ビッグサンダーマウンテンも乗りに行きました。

「だってファストパス取ったんだもん!まさか嫌だなんて言わないよね?」

「・・・うん」

こうしてテツはスペースマウンテンも乗る羽目になったのでありました。

スペースマウンテンではその速さか横揺れに驚愕したのか


うははははは!うははははは!

隣でテツが大笑いしていました。

もう笑うしかないみたいなそんな感じ?

その他色んな乗り物に乗って終了間近にはすっかりテツも夢の世界の住人に。


Castle_the_nightパレードを見て最後はライトアップされた
シンデレラ城から上がる花火二人
並んで眺めておりました。

ジェットコースターが苦手なテツから

「また一緒に来ようね」

と言われて非常に嬉しかったです。

今度はディズニーシーに行こう。

回転するジェットコースターが出来たみたいだからさ!

レン

| | コメント (13) | トラックバック (1)